2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

徳島大学地域防災無線研究会

8J5NVIS

電離層状態

Hamfare2007

  • P8264269
    ハムフェアに行って来ました。

徳島の方々

地粉うどん 「麦ぼうず」

  • 地粉うどん 「麦ぼうず」
    春日部/越谷
    ジャンル
    グルメ
    住所
    埼玉県春日部市上柳995
    説明
    地粉うどん「麦ぼうず」 大凧の里 道の駅 庄和にオープン
    輸入小麦粉のポストハーベストなど食の安全が懸念される時代です。地産地消をめざし、地元で生産された小麦粉を用いたおいしいうどんをお召し上がりください。移動運用の際に是非どうぞ。
    道の駅庄和の紹介
    地粉うどん「麦ぼうず」

HUSV

ハムの皆さん

TS-930S修理

  • NFB帰還路のチョークコイル
    おりじなるのMRF485の代わりに2SC1909を用いて、TS-930Sのファイナルユニットを修理しようと試みたが、異常発振が止まらなかった。いろいろ、行った結果を写真に記録しておく。

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

2017年3月21日 (火)

10m用Zepp作成

10m用1/2波長 フルサイズZeppも作りました。

無線機側から見ると、13.62pFのコンデンサをシリーズに入れた後、2.08uHのインダクタをパラに入れる。コンデンサとインダクタの接続点に1/2波長のワイヤを接続、という構成です。
インダクタの1端はコンデンサとワイヤの接続点につなぎ、もう一端は同軸のシールドにつなぎます。

インダクタは塩ビ管のソケット16(外径30mm)にAWG21のテフロン電線を7回巻いて作りました。コンデンサは5D2Vを13.6cmほどの計算ですが、インダクタとコンデンサの並列共振周波数を測って調整しました。
エレメントとなるワイヤは5.2m*0.98ですが、5.4mの長さの線をつないで、折り返して調整できるようにしてあります。

調整にちょっと苦労しましたが、最終的には下記の特性となりました。バンドの下端付近にあっています。周波数の高いところは少しSWRが悪化していますが、IC703の内臓アンテナチューナーで調整できる範囲に収まっています。

周波数(MHz)/SWR
28.0/1.1
28.2/1.1
28.4/1.4
28.5/1.5
28.6/1.6
28.7/2.0
28.8/2.0
28.9/2.1
29.0/2.1
29.3/2.7
29.4/2.6
29.5/2.7
29.6/3.0
29.7/3.0

交信はこれからです。




« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

無料ブログはココログ

YADP