2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

徳島大学地域防災無線研究会

8J5NVIS

電離層状態

Hamfare2007

  • P8264269
    ハムフェアに行って来ました。

徳島の方々

地粉うどん 「麦ぼうず」

  • 地粉うどん 「麦ぼうず」
    春日部/越谷
    ジャンル
    グルメ
    住所
    埼玉県春日部市上柳995
    説明
    地粉うどん「麦ぼうず」 大凧の里 道の駅 庄和にオープン
    輸入小麦粉のポストハーベストなど食の安全が懸念される時代です。地産地消をめざし、地元で生産された小麦粉を用いたおいしいうどんをお召し上がりください。移動運用の際に是非どうぞ。
    道の駅庄和の紹介
    地粉うどん「麦ぼうず」

HUSV

ハムの皆さん

TS-930S修理

  • NFB帰還路のチョークコイル
    おりじなるのMRF485の代わりに2SC1909を用いて、TS-930Sのファイナルユニットを修理しようと試みたが、異常発振が止まらなかった。いろいろ、行った結果を写真に記録しておく。

« 孤立集落からの無線通信事例 | トップページ | NVISな移動運用 »

2008年6月26日 (木)

中山間地の孤立対策としてのアマチュア無線

徳島の中山間地である那賀郡那賀町四季美谷温泉からのNVIS伝搬の実験結果です。

6月1日に徳島県那賀郡那賀町の四季美谷温泉から交信できた地点です。この地点は両側を切り立った尾根に囲まれた谷底で、見通しはほとんどありません。地上高3mと水平アンテナを敢えて低く張り、鉛直方向に電波のエネルギーを放射するNVIS通信を試みました。
交信範囲は120~580km前後で、おおむねNVISのレンジと一致しています。
20080601

« 孤立集落からの無線通信事例 | トップページ | NVISな移動運用 »

コメント

徳島でも、大阪までの交通費を考えると、講習会に、割安感がありますね。
高松では、9月に4級と3級の国家試験があるので、その機会を捕らえると良いのですが、年1回なのでうっかりするとチャンスを逃してしまいます。

徳島では、ここのところ講習会が好調のようです。講師の方のお話では、2月に行ったときもほぼ満員だったそうですが、7月も満員らしく、10月にも行うような話でした。
 
免許を取られる方が増えることは良いのですが、その後のケアがまったくありませんので、実質的には定着していないのが現状です。JARDは潤っているようですので、免許取得後のケア活動に対する助成でもしてくれないものかと思います。

特小は、レピータになる本体があるんですよね。そういえば、学会のために、特小機をお借りしたことがありましたね。

なかなか興味深いです。4アマを持つ旧知の友人が、岐阜県下呂市でコールを維持しているだけで居るのですが、こういうデータを見せると、HFのアンテナを立ててみようという気にさせられるかもしれません。
3アマくらい取ってくれると、さらに楽しいでしょうけど、試験会場までの足が厳しいとのこと。こういうところが、結構無線が今ひとつ普及しない理由なのかもしれません。
NVIS伝搬と話がそれますが、いろいろ議論のある講習会ですが、JAIA各店舗がJARD講習会を開催してくれるのは、そういう意味で有り難いことですよね。JARD講習会の担当に聞いたところ、ボーイスカウト等の青少年団体なら県連盟が、あるいは、JARL地域クラブなら講習会開催の資質を持っているとのことなので、担い手の確保のためには、ハムショップも近くにないとなると、こういうところが裾野を広げる取り組みをしてゆくことも必要なのかもしれません。
P.S. 特定小電力レピーターの実験を行ってみました。末端の小エリアの連絡基盤としてみると、都会の小学校区か、子供会、町内会くらいの連絡にはもってこいのようです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178204/41653838

この記事へのトラックバック一覧です: 中山間地の孤立対策としてのアマチュア無線:

« 孤立集落からの無線通信事例 | トップページ | NVISな移動運用 »

無料ブログはココログ

YADP