2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

徳島大学地域防災無線研究会

8J5NVIS

電離層状態

Hamfare2007

  • P8264269
    ハムフェアに行って来ました。

徳島の方々

地粉うどん 「麦ぼうず」

  • 地粉うどん 「麦ぼうず」
    春日部/越谷
    ジャンル
    グルメ
    住所
    埼玉県春日部市上柳995
    説明
    地粉うどん「麦ぼうず」 大凧の里 道の駅 庄和にオープン
    輸入小麦粉のポストハーベストなど食の安全が懸念される時代です。地産地消をめざし、地元で生産された小麦粉を用いたおいしいうどんをお召し上がりください。移動運用の際に是非どうぞ。
    道の駅庄和の紹介
    地粉うどん「麦ぼうず」

HUSV

ハムの皆さん

TS-930S修理

  • NFB帰還路のチョークコイル
    おりじなるのMRF485の代わりに2SC1909を用いて、TS-930Sのファイナルユニットを修理しようと試みたが、異常発振が止まらなかった。いろいろ、行った結果を写真に記録しておく。

« TS-930Sの修理2 | トップページ | TS-930Sの修理4 »

2006年6月19日 (月)

TS-930Sの修理3

ドライバ段のバイアス回路も少しおかしい。バイアス電圧を制限するツェナがショートしており、電流ブースト用のトランジスタも怪しい。同じ部品は手に入らないので、用途を考慮してより、余裕のあるトランジスタに交換した。耐電流やPcは同程度だが、耐圧が高いので、安心だろう。

  ドライブ段のトランジスタはMRF485から、2SC1909パラに変更した。この石は終段コレクタ変調で使うCBのファイナル用なので、耐圧が高い。終段コレクタ変調では12Vで使用していても、100%変調がかかれば、24Vまで高周波的にはコレクタ電圧が上昇することがある。そのため、輸出CB用には高耐圧の石が使われている。

Pcが10Wであり、MRF485に比べて小さいので、2つの1909を鉛直方向に2段かさねにして、パラプッシュとした。重ねた2つの 1909は、銅箔でくるんで一体化し、シリコングリスを塗布した。そして上になった石からもヒートシンクへ熱が伝わるよう工夫した。

もう少し、調整は必要だが、とりあえずファイナルユニットの修理は完了した。前は、送信すると家のテレビの全チャネルにひどい障害が出ていたが、無くなった。

Yamadaさんに教えていただいたように、シグナルユニットのS1で50W出力となった。これならば、移動免許のままで申請出来る。

後は、サービスマニュアルを参考にALCなどの調整である。

« TS-930Sの修理2 | トップページ | TS-930Sの修理4 »

コメント

ハムフェアの災害時通信協力情報交換会かGAREC-2009でお目に懸かれるのではないかと
楽しみにしています。

杉本様 はじめまして。コメントありがとうございました。皆さんにはいろいろお世話になっております。

上野先生、はじめまして。移動先で使っていたTS-930Sが今回送信不能となったため、グーグル検索をしまして、先生のサイトに引き寄せられました。
SERTの主宰をしている原岡さんからお聞きしている先生のサイトであり、山スキーがお好きであることがわかって驚いています。
群大の若井先生にお世話になっていたこともあり、
地域活動に熱心な吉田敦也先生に当地世田谷でお目に懸かったこともあって、勝手に奇縁を感じております。ご活躍を!

73 jg1gwl 杉本 賢冶

一連の記事を見直してみました。
パスコンとトランジスタの絶縁用マイカ板
を、随分つけたりはずしたりしたことを思い出しました。おかげでシリコングリースでべたべたになっています。
 
マイカ板が古くなると剥離してきて、熱抵抗が大きくなるとのことでした。最近はマイカ板はなかなか見当たりません。シリコンのシートのほうが良いかもしれません。

結局2SC1909パラはだめでした。

坪井様 
コメントありがとうございました。
個人情報が記載されておりましたので、一部削除させていただきました。別途お送りしましたメールをご覧ください。

長年お使いになった無線機は思い出や愛着がありますよね。
直るといいですね。

JK1PHL OM
こんばんは。
突然のご相談宜しくお願いいたします。
横浜、保土ヶ谷区の坪井(JA1NUV)と申します。
無線も飽きずにやっております、
実は愛用「TS-930S」のけんです、私もなやんでおりまして、ネットにてPHLさんのサイトにぶつかりました、いろいろ、ご苦労されて、研究、実験、調査等をおやりになっておられるようで、うらやんでおります。
下記等をサポートをして頂き書きました。

1. TS-930Sの現象
今年の3月にダミーにて無線機のメンテナンスを調査、全バンド送受共100Wを確認いたしております。
その後1ケ月前より、マグネチックAntの実験をはじめましたが、別に変な事をした覚えもないのですが、2週間程前よりいつのまにかPowerが40~50Wに落ちてしまい、14Mz等は正常に100W、OKでした、最近は14Mhzも50Wに落ちてしまいますが、930が冷めている時は100Wでますが、少しTest電波を出しているとPowerが50W程度まで落ちてしまいます、
18、21、24、28等は冷えていても50W出力です。

現象は不安定ですが、Power AMP部の終段は生きていると判断しても良いのでしょうか。
今回はご相談して自力で直したいと思います、オシロも借りれる事も出来ます。

一応、メンテ図面、レベルダイヤ、配線図等も揃ってます、図面も少しは読めると思います。
尚、勝手なお願いですが、何箇所か怪しい部分、部品番号等をご指摘して頂けましたら幸いに思います、適当に交換致します。

2. S メーターが全然振らない現象
この現象も共通点があるのかわかりません。

尚、修理に関しては私に全責任があります。

何卒、ご指摘、ご指導をメールを頂ければと思います。
宜しくお願い致します。

(個人情報のため削除)


以上。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178204/10590312

この記事へのトラックバック一覧です: TS-930Sの修理3:

« TS-930Sの修理2 | トップページ | TS-930Sの修理4 »

無料ブログはココログ

YADP